事業案内

海砂採取事業

海からうけとった資源を、
街づくりに役立てるスタート地点

瀬戸内海を中心に九州などの産地において、コンクリートの材料となる海砂など海洋資源の採取をおこなっています。海砂採取船により採取された海洋資源は、自社保有の大型運搬船をはじめとする海上輸送ネットワークを用いて大阪に運ばれます。
海から採取された資源はそのままでは塩分を多く含んでいるため、産地から運搬する船上で塩分を取り除く除塩処理が施されます。除塩処理された海砂は建材事業部に運搬され、備蓄されます。
資源の採取、調達から海上輸送、そして生コンクリート製造まで自社一貫サービスでご提供できるのは、私たちの特色です。海砂の採取はこうした全工程の重要なスタート地点です。